紅の豚に採用された久石譲のソロ曲に込められた思いとは

「紅の豚」が公開された1992年、久石譲はソロアルバム「My Lost City」を発表する。 それは、芸術家が光輝き活躍していた1920年代のアメリカをテーマにして制作されたアルバムで、それは宮﨑駿が「紅の豚」の舞台に選んだ1920年末という時代設定と偶然合致する。そして久石譲のアルバム「My Lost City」を…